東京赤坂キャンパス

お知らせ

NEWS

9月4日(土)市民公開講座 第3回「生き生きした高齢期を生きるために心がけるべきこと」延期のお知らせ

9月4日に開催を予定しておりました第3回 東京赤坂キャンパス市民公開講座は、東京をはじめとして新型コロナウイルス感染が急激に拡大している状況を受けて、延期させていただくことになりました。
すでにお申込みいただいている皆様には大変申し訳ございません。
代替日につきましては、決定次第ホームページ等でお知らせいたします。

生き生きした高齢期を生きるためには、運動、栄養、休養といった健康管理に加えて、社会とのつながりが重要となります。また、何らかの病気がある場合は適切な管理を受けるために信頼できるかかりつけ医を持つことが重要となります。本講座では、講演者のこれまでの研究結果を踏まえながら、以上のことについてわかりやすく説明します。

※講演のテーマは変更になる場合があります。


  • 東京赤坂キャンパス

  • E棟 講堂(1,000人収容)

20210807ishii.jpg
国際医療福祉大学 客員教授
産業医科大学医学部公衆衛生学 教授
松田 晋哉(マツダ シンヤ)

略歴
1960年岩手県生まれ。1985年産業医科大学医学部卒業。1992年フランス国立公衆衛生学校卒業。1993年京都大学博士号(医学)取得。
1993年産業医科大学医学部公衆衛生学講師。1997年産業医科大学医学部公衆衛生学助教授。1999年産業医科大学医学部公衆衛生学教授。
専門領域:公衆衛生学(保健医療システム、医療経済、国際保健、産業保健)

主要著書
「基礎から読み解く DPC 第3版(2011),医学書院」、「医療の何が問題なのか-超高齢社会日本の医療モデル(2013),勁草書房」、「地域医療構想をどう策定するか(2015),医学書院」、「欧州医療制度改革から何を学ぶか(2017),勁草書房」

主な委員会

・内閣府 経済・財政諮問会議専門委員

・厚生労働省 社会保障審議会(介護給付費分科会)委員

東京赤坂キャンパス市民公開講座
医療福祉の専門家が、安心できる豊かな暮らしのヒントをわかりやすくお伝えする、一般向けの公開講座です。港区内にお住まいや勤務先がある方はもちろん、都内や近郊の会社員の方、リタイアされた方、教員の方、大学生、高校生まで、どなたにもご満足いただける内容になっています。アクセスの良い東京赤坂キャンパスをご覧になる良い機会でもあり、たくさんの皆さんの参加をお待ちしています。