東京赤坂キャンパス

学部・学科

学部・学科のご紹介

赤坂心理・医療福祉マネジメント学部

赤坂心理・医療福祉マネジメント学部の特長

大学院と一体となったアクセス抜群の都市型キャンパス

  • 学部・大学院の一体教育体制
  • 国際医療福祉大学大学院は、保健・医療・福祉の高度専門職へのキャリアアップを支援しており、東京赤坂キャンパスには、臨床心理学専攻と医療経営管理分野、診療情報アナリスト養成分野などを設置しています。学部と大学院が相互に交流しながら学ぶことで、より高度な医療専門人材へのキャリアを描くことができます。心理学科、医療マネジメント学科ともに学部と大学院を兼任する教員も多く、一貫した教育を受けられます。

  • アクセスが良く通いやすい東京の中心地
  • 東京赤坂は、青山や六本木に近い、東京の中心地。東京駅、新宿駅、渋谷駅からも地下鉄で10分以内です。キャンパスは、東京メトロ丸ノ内線・銀座線の赤坂見附駅、有楽町線・半蔵門線・南北線の永田町駅A出口から徒歩3分。千代田線の赤坂駅からも徒歩8分の位置にあり、通学に便利で、時間を有効活用することができます。徒歩圏内に飲食店や観光スポットもたくさんあるので、オフタイムも楽しめます。

  • 各分野の豊富な実績を持つ教員が直接指導
  • 赤坂心理・医療福祉マネジメント学部の教員は、各分野での実践や研究において、国内外の経験が豊富なエキスパートがそろっています。心理学科では臨床心理の専門家や医師などの医療に強い教員から、医療マネジメント学科では医師免許を持つ教員だけでなく、元銀行員や診療情報管理士の資格を持つ教員などから、最新の知見に基づく指導を直接受けることができます。

高度な専門人材育成をめざす、国際医療福祉大学大学院

  • 臨床心理学専攻
  • 心理学科では、赤坂心理相談室の見学実習により意識や態度を深めることができます。卒業後に大学院では「臨床心理士」「公認心理師」の資格取得をめざせます。

  • 医療経営管理分野/診療情報アナリスト養成分野
  • 医療マネジメント学科では専門性の高い学びが可能。大学院には、医療経営管理分野に2コース(修士課程)、診療情報アナリスト養成分野には2コース(修士課程)あります。

学部長のご紹介

赤坂心理・医療福祉マネジメント学部長 中田 光紀 教授

赤坂心理・医療福祉マネジメント学部長
中田 光紀教授

早稲田大学人間科学部卒業。上智大学大学院文学研究科心理学専攻修了。東京大学大学院医学系研究科単位満了。博士(医学)。独立行政法人労働安全衛生総合研究所研究員、CDC:米国疾病予防管理センター・国立労働安全衛生研究所チーム・リーダーなどを歴任。日本心理学会国際賞奨励賞、CDC:米国疾病予防管理センター・国立労働安全衛生研究所アリス・ハミルトン賞、ブラード・シャーウッド賞などを受賞。


人工知能やビッグデータの活用が進み生活が便利になる一方、ストレスが増大する社会になることが予想されます。このような社会の急速な変化に対応するときに必要となってくるのは、「心のケア」と「データマネジメント」。心理学科では、今後需要が高まることが予想される公認心理師の養成を教育の中心に据え、「心のケア」に関する知識を生かして活躍できる人材を育てます。医療マネジメント学科では、「医療」「経営」「情報」の3領域の講義や実習を通し、「データ活用」に強い人材の育成をめざします。