東京赤坂キャンパス

Q&A

Q&A

  • Q. 学納金について教えてください。

    A. 赤坂心理・医療福祉マネジメント学部の学納金は以下のとおりです。
入学金 授業料 実習・文献費※ 施設費
200,000円 700,000円 30,000円 130,000円
初年度 納付金 2年次以降 納付金 4年間 総額
1,110,000円 1,020,000円 4,170,000円

※2年次以降の実習・文献費は190,000円

  • Q. 学生募集要項や願書はいつごろ手に入りますか?

    A. こちら から請求してください。
  • Q. 文系志望なのですが、受験できますか?

    A. 本学で学ぶ心理学は文系・理系で割り切れるものではありません。このため、文系の人も理系の人も受験できるよう、一般入試前期では英語を必須科目としているほか、選択科目には国語総合や日本史 B といった文系科目と、数学Ⅰ・数学 A や化学基礎・生物基礎を用意していますので、文系・理系のどちらでも受験できます。
  • Q. 試験科目に小論文がありますが、どのような勉強をしたらよいでしょうか?

    A. 小論文試験では、医療福祉の専門知識を問うのではなく、テーマについて自身の考えをきちんと述べることができるかどうかということが重視されます。このため、普段から自分の考えを文章に纏める練習をしておくとよいでしょう。
  • Q. 大田原キャンパスの医療福祉・マネジメント学科と併願はできますか?

    A. 専願制の試験日が重なる入試では併願できませんが、特待奨学生特別選抜入試や一般入試前期、大学入試センター試験利用入試については組み合わせにより併願することが可能です。
  • Q. 公認心理師とはどのような資格ですか?

    A. 公認心理師は、医師や薬剤師、看護師等と同じ国家資格です。保健医療(病院、クリニック等)、福祉(障害者支援施設、児童相談所等)、教育(学校等)、司法(刑務所、少年鑑別所等)、産業・労働(企業内健康管理センター・相談室等)等の分野において、心理の専門職として
  • ・心理に関する支援を要する人の心理状態の観察やその結果の分析
  • ・心理に関する支援を要する人や関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助
  • ・こころの健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供 を行います。
  • Q. 公認心理師になるにはどうしたらよいですか?

    A. 4年制大学において省令で定める科目を履修して卒業し、そのうえで大学院(修士課程)において省令で定める科目を履修し修了するか、一定期間の実務経験を積んだうえで、国家試験に合格する必要があります。なお、養成学部等でのカリキュラムや一定期間の実務経験等詳細については、今年の夏頃には公表される予定です。
  • Q. 公認心理師と臨床心理士の違いは何ですか?

    A. 公認心理師と臨床心理士はともに心理の専門職ですが、一番の違いは、公認心理師は国家資格であるのに対し臨床心理士は民間資格だということです。また、臨床心理士は指定された大学院(修士課程)を修了しなければなりませんが、公認心理師は学部卒業後、大学院進学のほか一定期間の実務経験を経て受験資格を取得することができます。
  公認心理師 臨床心理士
資格区分 国家資格 民間資格
養成課程 学部+大学院(修士)または学部+一定期間の実務経験 指定大学院(修士)
※第2種指定校修了の場合には1年以上の実務経験必要
免許更新の有無 無し 5年ごと
所管 文部科学省・厚生労働省 日本臨床心理士資格認定協会