東京赤坂キャンパス

心理学科

教員紹介

教授 村上 正人

  • 担当科目
  • 研究実績

    【researchmap】
    https://researchmap.jp/read0028588


    【論文】
    欧文
    1. Ikumi F,Nomura Y,Goto F,Murakami M,Shigihara S,Ikeda M:Why do patients with fibromyalgia complain of Ear-related symptoms? Ear-related symptoms and otological findings in patients with fibromyalgia, Clin Rheumatol,32:1437-1441,2013
    2. Oka T, Okumi H, Nishida S, Ito T, Morikiyo S,Kimura Y, Murakami M:Effects of Kampo on functional gastrointestinal disorders , BioPsychoSocial Medicine, 8:5, 2014
    3. Murakami1 M, Osada K, Mizuno H, Ochiai T, Alev L and NishiokaK:A randomized, double- blind, placebo- controlled phase III trial of duloxetine in Japanese fibromyalgia patients, Arthritis Research & Therapy 17:224-236, 2015, doi:10.1186/s13075-015 -0718-y
    4. Sawada F, Nomura Y, Goto F, Murakami M, Jike,M Toi T, Furusaka T, Ikeda M, OshimaT:Relationship of physical distress to dizziness in patients with fibromyalgia, Acta oto-laryngologica 136(1):56-61,2016, DOI: 10. 3109 /000 16489. 2015. 1088662
    5. Miki K, Murakami M, Oka H, Onozawa K, Yoshida S, Osada K.:Efficacy of mirtazapine for the treatment of fibromyalgia without concomitant depression: a randomized, double-blind, placebo-controlled phase IIa study in Japan. Pain, 157(9):2089-96. 2016
    6. Murakami M, KOsada K, Ichibayashi H, Mizuno H, Ochiai T, Ishida M:An open-label, long-term, phase III extension trial of duloxetine in Japanese patients with fibromyalgia、Modern Rheumatology, doi.org/10.1080/14397595. 2016.1245237
    7. Murakami M, Nakai Y: Current State and Future Prospects for Psychosomatic Medicine in Japan, BioPsychoSocial Medicine, doi 10. 1186/s 13030 -017-0088-6.11;1,2017

    和文
    1. 村上正人,丸岡秀一郎,三浦勝浩,持丸純一郎:線維筋痛症,内科系総合雑誌 Modern Physician34(1):63-67,2014
    2. 村上正人:痛みの生理・心理・社会学的理解,心身医学54(5):398-405、2014
    3. 村上正人:痛みの生理・心理・社会学的理解,心身医学54(5):398-406,2014
    4. 村上正人,松野俊夫: 痛みのマネージメントupdate ・痛みの評価法、心理学的 検査-心理テストを活用して痛みを深く理解する,日本医師会雑誌143(6):97-99, 2014
    5. 村上正人:耳鼻咽喉科と連携して診るめまいの心身相関と病態,心身医学 54(8):767-773,2014
    6. 村上正人、丸岡秀一郎、三浦勝浩,持丸純一郎:痛みの臨床・心身医療からのア プローチ;線維筋痛症,Modern Physician 34(1):63-67,2014
    7. 村上正人:第56回日本心身医学会総会報告,心身医学55(12):1394-1397,2016
    8. 金 外淑、村上正人、松野俊夫:シンポジウム心療内科に寄与する行動医学・臨床心 理の視点から,こころの痛みから始まる身体の痛み、日本心療内科学会誌19(2):105-109、 2016
    9. 村上正人:新しい時代に求められる心身医学とは,心身医学56(5):403-410, 2016
    10. 村上正人:教育総説,線維筋痛症の診断と治療,脊髄外科30(3):260-265,2016
    11. 松平 浩,川口美佳,村上正人,福土 審,橋爪 誠,岡 敬之,Bernd Löwe :日本 語版Somatic Symptom Scale-8 (SSS-8,身体症状スケール) の開発、心身医学56(9):931-937, 2016
    12. 今津芳恵,松野俊夫,村上正人,林 葉子,杉山 匡:Public Health Research Foundation ストレスチェックリスト・ショートフォームの構成概念妥当性の検討-心療内科受診者にお けるストレス反応とエゴグラム-,心身医学56(3):263-270,2016

    【学会発表】
    国際学会
    1. Murakami M , Matsuno T, Kim WS, Koike K, Murakami M, Mochimaru J, Miura K, Maruoka S, Ebana S: Fibromyalgia as a spectrum disorder of multiple distress, The 22nd  World Congress on Psychosomatic Medicine , Lisbon,2013.9.13
    2. Murakami M:Psychosomatic aspect and psychiatric comorbidity of Fibromyalgia, Deutscher Kongress für Psychosomatische Medizin und Psychotherapie, 2014.3.26, Berlin
    3. Hashizume M, Murakami M, Nakai Y: Current situation and future prospect of Japanese-German
      partnership in psychosomatic medicine, German Japanese Symposium. German Congress for Psychosomatic Medicine und Psychotherapy 2015.3.26
    4. Murakami M, Kim W, Koike K: Psychosomatic Feature and Current Aspect of Fibromyalgia in
      Japan,  Wissenschaftliches Symposium "Somatoforme und funktionelle Störungen",German
      Congress for Psychosomatic Medicine und Psychotherapy 2015.3.27
    5. Murakami M:German Japanese Symposium, The effect and contribution of duloxetine of pain and QOL in Japanese fibromyalgia patients, 67th Congress of German College of Psychosomatic Medicine, Potsdam, 2016.3.18,
    6. Murakami M:Detection and treatment of chronic fatigue syndrome in primary care setting, 4th Scientific Meeting on Indonesian Psychosomatic Medicine, Padang, 2016.5.21,
    7. Miki K, Murakami M, Oka H, Onozawa K, Yoshida S, Osada K.:Efficacy of mirtazapine for the treatment of fibromyalgia without concomitant depression: a randomized, double-blind, placebo- controlled phase 2 study in Japan, Fibromyalgia Research Symposium 2016 in Nagasaki, Nagasaki, 2016.10.1-2

    国内学会
    1. 村上正人,金外叙,川原律子:「日常診療における"困った痛み"をどう考える?-心理士のための難治性疼痛の理解-」,第54回日本心身医学会総会・学術講演会,横浜,2013.6.27
    2. 村上正人:シンポジウム2、全身疾患としてのシェーグレン症候群、線維筋痛症、第25回日本シェーグレン症候群学会,東京、2016.9.9

    【著書】
    1. Murakami M,Kim W(分担):Somatization and Psychosomatic Symptoms (kyung Bong Koh Ed.),Somatization and Psychosomatic Symptoms " Fibromylgia" ,pp. 165-174,Springer,NY,2013.5
    2. 村上正人(分担):リウマチ性疾患(関節リウマチ・線維筋痛症)今日の精神科治療指針pp.685-686,医学書院, 東京,2015.8
    3. 金 外淑, 村上正人(分担):認知行動療法3)線維筋痛症患者へのCBT介入,(山本達郎、田代雅文・編)慢性痛の心理療法,pp118-125,文光堂,東京,2016
    4. 村上正人(分担):内科學第11版,矢崎義雄編、リウマチ性疾患およびアレルギー疾患-線維筋痛症-,pp.1281-1285,朝倉書店,東京,2017.3
    5. 村上正人(分担):線維筋痛症診療ガイドライン2017,日本線維筋痛症学会編,日本医事新報社,東京, 2017.10

    【その他】
    学会会長講演
    1. 村上正人:社会が求めるストレス研究とストレス対策,日本ストレス学会第30回記念大会会長講演、東京,2014.11.7
    2. 村上正人:新しい時代に求められる心身医学とは、第56回日本心身医学会総会ならびに学術講演会会長講演、東京,2015.6.26
  • 学位・学歴
    日本大学医学部医学科 卒業(医学博士)
  • 職歴・学会
    【職歴】
    昭和51年3月
    日本大学医学部医学科卒業
    昭和51年4月
    横須賀米国海軍病院研修医
    昭和52年4月
    日本大学医学部第一内科入局
    昭和53年12月
    九州大学医学部心療内科にて心身医学の研修
    昭和57年8月~
    60年11月
    Cleveland Clinic(米国Ohio州)Research Fellow
    昭和61年3月~
    62年1月
    国立高田病院(新潟)内科医長
    平成23年4月
    日本大学医学部内科学系呼吸器内科学分野診療教授
    平成24年6月
    日本大学医学部附属板橋病院心療内科部長
    平成27年4月
    国際医療福祉大学臨床医学研究センター教授
    山王病院心療内科部長
    平成30年4月
    国際医療福祉大学赤坂心理学部教授
    【学会】
    日本内科学会(認定医)日本心療内科学会(理事、専門医)、日本心身医学会 (理事、専門医)、日本リウマチ学会(専門医)、日本線維筋痛症学会(理事)、日本ストレス学会(副理事長)、日本自律訓練学会(副理事長、認定専門指導医)、日本交流分析学会(監事、認定スーパーバイザー)、日本呼吸ケア・リハビリテーション学会(功労会員)、日本疼痛学会(名誉会員)、日本緩和医療学会(暫定指導医)、日本QOL 学会(理事)