東京赤坂キャンパス

心理学科

教員紹介

教授・学部長・学科長 中田 光紀

  • 担当科目
    心理学統計法 心理学研究法
    産業/組織心理学 等
  • 研究分野
    組織心理学 産業衛生学 疫学 予防医学 睡眠医学
  • 研究実績

    【researchmap】
    https://researchmap.jp/anakata


    1. Lincoln, J. E., Birdsey, J., Sieber, W. K., Chen, G. X., Hitchcock, E. M., Nakata, A., Robinson, C. F. (2018). A pilot study of healthy living options at 16 truck stops across the United States. American Journal of Health Promotion 32, 546-553.
    2. Nakata, A. (2017). Long working hours, job satisfaction, and depressive symptoms: a community-based cross-sectional study among Japanese employees in small- and medium-scale businesses. Oncotarget 8, 53041-53052.
    3. Nagata, T., Nakata, A., Mori, K., Maruyama, T., Kawashita, F., Nagata, M. (2017). Occupational safety and health aspects of corporate social responsibility reporting in Japan from 2004 to 2012. BMC Public Health 17, 381.
    4. Yang, H., Hitchcock, E., Haldeman, S., Swanson, N., Lu, M.L., Choi, B., Nakata, A., and Baker, D (2016). Workplace psychosocial and organizational factors for neck pain in workers in the United States. American Journal of Industrial Medicine 59, 549-560.
    5. Otsuka, Y., Nakata, A., Sakurai, K., and Kawahito, J. (2016) Association of suicidal ideation with job demands and job resources: a large cross-sectional study of Japanese workers. International Journal of Behavioral Medicine 23, 418-426.
    6. Watanabe, K., Otsuka, Y., Inoue, A., Sakurai, K., Ui, A., and Nakata, A. (2016). Interrelationships between job resources, vigor, exercise habit, and serum lipids in Japanese employees: a multiple group path analysis using medical checkup data. International Journal of Behavioral Medicine 23, 410-417.
    7. Chen, G. X., Sieber, W. K., Lincoln, J. E., Birdsey, J., Hitchcock, E. M., Nakata, A., Robinson, C. F., Collins, J. W., and Sweeney, M. H. (2015). NIOSH national survey of long-haul truck drivers: Injury and safety. Accident Analysis & Prevention 85, 66-72.
    8. Eguchi H, Shimazu A, Kawakami N, Inoue A, Nakata, A., and Tsutsumi A (2015). Work engagement and high-sensitivity C-reactive protein levels among Japanese workers: a 1-year prospective cohort study. International Archives of Occupational & Environmental Health 88, 651-658.
    9. Lu, M. L., Nakata, A., Park, J. B., and Swanson, N. G. (2014). Organizational factors associated with work-related injury absence: a study from a nationally representative sample of Korean workers. International Journal of Behavioral Medicine 21, 42-52.
    10. Sakurai, K., Nakata, A., Ikeda, T., Kawahito, J., and Otsuka, Y. (2014). Employment types, workplace interpersonal conflict, and insomnia: a cross-sectional study of 37,646 employees in Japan. Archives of Environment & Occupational Health 69, 23-32.
    11. Nakata, A., Irie, M., Takahashi, M. (2014). Source-specific social support and circulating inflammatory mediators among white-collar employees. Annals of Behavioral Medicine 47, 335-346.
    12. Nakata, A., Irie, M., Takahashi, M. (2013). A single-item global job satisfaction measure is associated with quantitative blood immune indices in white-collar employees. Industrial Health 51, 193-201.
  • 学位・学歴
    博士(医学) 東京大学
  • 職歴・学会
    【職歴】
    1997年
    科学技術振興事業団科学技術特別研究員
    2000年
    独立行政法人労働安全衛生研究所研究員
    2004年
    米国疾病予防センター(CDC)・国立労働安全衛生研究所博士研究員
    2007年
    米国疾病予防センター・国立労働安全衛生研究所主任研究員
    2008年
    米国疾病予防センター・国立労働安全衛生研究所上席研究員
    2009年
    米国疾病予防センター・国立労働安全衛生研究所 組織科学と人間工学部門 職域ストレス研究室室長
    2012年
    産業医科大学 産業保健学部 産業・地域看護学講座教授
    2014年
    産業医科大学大学院 産業衛生学専攻 産業疫学領域教授
    2018年
    国際医療福祉大学大学院医学研究科公衆衛生学専攻疫学・社会医学分野分野長・教授
    国際医療福祉大学赤坂心理・医療マネジメント学部心理学科長・教授
    【学会】
    日本心理学会 会員
    日本健康心理学会 会員
    日本産業衛生学会 会員・評議員・編集委員(J Occup Health)・編集委員(産業衛生学雑誌)
    日本衛生学会 会員
    日本公衆衛生学会 会員
    日本行動医学会 会員・理事・編集委員長
    国際行動医学会 会員・編集委員
    日本産業ストレス学会 会員
    日本産業精神保健学会 会員
    日本ストレス学会 会員
    日本産業看護学会 会員・理事・倫理委員会委員長

    国際学術雑誌編集委員
    Industrial Health 編集委員
    Journal of Occupational Health 編集委員
    Journal of Occupational Health Psychology 編集委員
    International Journal of Psychology 編集委員
    International Journal of Behavioral Medicine 編集委員
  • メッセージ
    楽しむことに手を抜かず、心理学を学びましょう!

    趣味

    スポーツ全般(テニス、野球、空手)・釣り・動物と遊ぶこと