東京赤坂キャンパス

お知らせ

NEWS

公開講座のお知らせ
主催:赤坂心理・医療福祉マネジメント学部/大学院

医療福祉の専門家が、安心できる豊かな暮らしのヒントをわかりやすくお伝えする、一般向けの公開講座です。4月から来年2月まで毎月1回程度、土曜日に開講します。港区内にお住まいや勤務先がある方はもちろん、都内や近郊の会社員の方、リタイアされた方、教員の方、大学生、高校生まで、どなたにもご満足いただける内容になっています。アクセスの良い東京赤坂キャンパスをご覧になる良い機会でもあり、たくさんの皆さんの参加をお待ちしています。

第1回 「人生100年時代の安心~社会保障制度の行方」
国際医療福祉大学 大学院教授
中村秀一

日時:4月27日(土) 16時20分-17時50分
場所:国際医療福祉大学東京赤坂キャンパス 講堂
要予約・参加費500円(資料代など)
※港区民、港区在職者、教員、学生・高校生とその保護者、本学関係者は無料
※当日は学生の授業を兼ねるため、変則的な時間帯での開講になります。ご注意ください。

 4月27日(土) お申し込みはこちら 

日本人の寿命は年々延びており、90歳以上のお年寄りが200万人を超えるなど、「人生100年」時代が現実のものになりつつあります。平成の31年間には、人口減・超高齢化を受けて、社会保障システムの大幅な見直しが相次いで行われましたが、これからはさらなる改革が求められる時代になります。高齢になっても、誰もが住み慣れた街で、安心して暮らし続けることができるために、必要なものは何でしょうか。厚生労働省で介護保険制度の開設、年金制度の見直しに携わり、内閣官房で「税と社会保障の一体改革」を担ったスペシャリストの中村教授が、私たちの将来を展望します。
180625_02.jpg
〈中村秀一教授の略歴〉
東京大学法学部卒業。前国際医療福祉大学大学院副大学院長。厚生労働省大臣官房審議官、同老健局長、内閣官房社会保障改革担当室長などを歴任。一般社団法人「医療介護福祉フォーラム」理事長