東京赤坂キャンパス

お知らせ

NEWS

10月11日(日)第1回 市民公開講座のお知らせ
「新型コロナの最新知識とこれからの対策」

開催日時
台風14号接近にともなう11日(日)のイベント開催について:10月11日(日)9時更新 【詳しくはこちら】
10月11日(日)13:00~14:00(12:00 受付開始)
場所:国際医療福祉大学東京赤坂キャンパス 講堂
テーマ「新型コロナの最新知識とこれからの対策」

要予約・参加費500円(資料代など)
※港区民、港区在職者、教育関係者、学生・高校生とその保護者は無料
講演概要につきましては、順次更新いたします。

・衛生対策ご協力のお願い 【詳しくはこちら】

講師
国際医療福祉大学医学部
大学院医学研究科 公衆衛生学専攻 教授
厚生労働省クラスター対策班(現・疫学データ班)
和田耕治

10月11日(日)お申し込みはこちら

医療福祉の専門家が、安心できる豊かな暮らしのヒントをわかりやすくお伝えする、一般向けの公開講座です。今年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響により実施を見送っておりましたが、10月以降開催してまいります。港区内にお住まいや勤務先がある方はもちろん、都内や近郊の会社員の方、リタイアされた方、教員の方、大学生、高校生まで、どなたにもご満足いただける内容になっています。アクセスの良い東京赤坂キャンパスをご覧になる良い機会でもあり、皆様のご参加をお待ちしております。


国際医療福祉大学東京赤坂キャンパス 外観

国際医療福祉大学東京赤坂キャンパス 講堂

〈和田耕治教授の略歴〉
新型コロナウイルスの集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗り込み、乗船者や乗組員らの医療支援を行うなど、コロナ禍の当初から、専門である公衆衛生学の豊富な知見から対策チームの一員として対応している和田耕治教授が、新型コロナの最新知識とこれからの対策について講演いたします。

同日開催、茜陵祭開催のお知らせ

今年度の茜陵祭のテーマは「Resilience~この瞬間は永遠~」です。
"Resilience"とは困難な状況下で一時的に不適応的な状態に陥ったとしても、そこからうまく回復する力を表しています。昨今の新しい生活様式の中でも対応する力を育んでほしいという思いを込めました。 今年度はコロナ禍の影響により開催が危ぶまれ準備が難航しましたが、多くの先生方、大学関係者の皆様、そして実行委員会メンバーと協力することで、茜陵祭を開催するに至りました。