東京赤坂キャンパス

医療マネジメント学科

実績ある専門家がそろった教員体制

元読売新聞社会保障部長

学科長 小畑 洋一 教授
早稲田大学文学部卒業。読売新聞社で社会保障制度に関する報道に従事。社会福祉法人「読売光と愛の事業団」常務理事などを経て現職。
将来の日本の医療・福祉を支える人材を育成する学科です。医療、経営、情報の3分野を学修することによって、医療機関や福祉施設はもちろん、官公庁や、健康医療分野に続々と参入している一般企業にも、活躍の場が広がります。だれもが安心して健康で暮らせる社会をめざして、一緒に学びましょう。

未来の医療システムをデザイン

武藤 正樹 教授
新潟大学医学部卒業。医学博士。国際医療福祉大学三田病院副院長などを歴任。日本医療マネジメント協会副会長。日本ジェネリック研究会代表理事。
ICTや先端技術の進歩により、これからは医療も社会も大きく変わります。この変革を遂げつつある時代で活躍できる人材の養成をめざして、医療マネジメント学科のカリキュラムをデザインしました。診療情報管理や医療情報処理のスキルを駆使して仕事をしたい方、お待ちしています。

地域医療研究のプロ

篠浦 丞 教授
佐賀医科大学医学部卒業。早稲田大学政経学部、経営大学院(MBA)修了。米国医師免許(USMLE)取得。日本内科学会専門医。日本消化器病学会・ 消化器内視鏡学会専門医・肝臓学会専門医。
本学科では「診療情報管理士」資格取得をベースに、医療情報を扱うプロとしてチーム医療のコアとなる人材を育成します。医療関係に興味はあるが、医師や看護師はちょっと、という方も活躍可能です。医療福祉をはじめ多様な分野で活躍する意欲のある皆さんをお待ちしています。

医療データ解析のカリスマ

石川ベンジャミン光一 教授
東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。博士(保健学)。厚生労働省の委員会委員としても活躍。DPCデータなど大規模医療データ分析の先駆者。
少子高齢化、人口移動と医療技術の進歩で、地域で必要とされる医療の内容は大きく変わります。こうした中で医療機関や医療福祉関連企業が社会に貢献していくために、どのようなデータが必要か、データから何を読み取るか、経営課題にどう対応していくかを学んで、即戦力として社会で活躍してみませんか?

経営指南役の元銀行マン

羽田 明浩 教授
立教大学経済学部卒業。経営学博士。三井住友銀行資金証券営業部調査役、法人業務推進部部長代理などを経て現職。
本学科では、これからの超高齢化社会に対応する地域医療連携ネットワークやICT化に応えるための幅広い知識や技術を修得した人材育成をめざします。「医療経営管理」「診療情報管理」「医療データ解析」の各分野のスペシャリストをめざして一緒に頑張りましょう。

WHO勤務など国際経験の豊かな研究者

小川 俊夫 准教授
ロンドン大学熱帯衛生医学大学院修了。医学博士。WHO(世界保健機関)本部職員、ロンドン大学研究員、奈良県立医科大学講師などを歴任。
医療マネジメント学科の卒業生は、医療機関などで医療データを活用する即戦力としての活躍が期待されるほか、医療データの多くは国際的なコード体系を用いているため、海外でも活躍できるチャンスが大いにあります。本学で学んだことを生かして、医療データのエキスパートをめざしましょう。

米国公認会計士、税理士のダブルライセンス

安部 和彦 准教授
一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務専攻博士後期課程単位修得退学。博士(経営法)。税理士。国税庁、会計事務所勤務等を経て現職。
高校時代に自分の将来を明確にイメージできる人は、稀ではないかと思います。一時の流行や周囲の噂話に惑わされずに、いつの時代にも社会人に求められる真の実力をつけるべく、不断の努力をすべきでしょう。医療マネジメント学科は、そのような受験生の期待に応えられる場所であると考えます。

医療・福祉の法律に詳しく海外経験も豊富

岡村 世里奈 准教授
上智大学法学部卒業。同大学大学院法学研究科(修士)修了。研究分野は高齢者の介護・医療保障と法的システム。大学院で医療通訳講座も担当している。
医療機関はもちろん、医療福祉関連企業でも活躍できるプロフェッショナルを養成するため、ICTや医療経営のほか臨床医学や医療法制度、医療倫理まで幅広く学べます。病院実習なども充実しており、将来、医療の分野で働いてみたいと考えている方にはピッタリの学科です。ぜひ、一緒に学びましょう。